活動理念

◆サッカー選手としてトップを目指す

我々は、勝敗だけではなく、子どもたちが5年後、10年後にサッカー選手として大成するため、一生に一度しか訪れない「ゴールデンエイジ」と呼ばれるこの時期に、「創造力」と「判断力」を養い、ボールに触れる機会を増やし、「スキルの向上」と「闘争心の醸成」を目指します。

◆プレイヤーズファースト

我々は、プレイする子どもたちのことを最優先に考えます。選手のプレイを認め、気づかせ、自分で答えを導きだせるようサポートします。個人の考えを尊重し、かつ仲間を意識させ「個人とチームの融和」を図ります。常にプレイヤーズファーストを意識し、個性を大切に伸ばします。

◆「育成」と「強化」

我々は、日々の指導にあたり、相反する「育成」と「強化」の両面に軸足を置き、サッカーの奥深さと喜びを選手・指導者・保護者全員で分かち合い、チームワークの大切さとサッカーの本質を感じられるチームを目指します。

◆子どもたちの将来のために

我々は、サッカーの楽しさを通して「子どもたちの健全な身体と精神の成長」をサポートし、「親子のふれあいの大切さ」を気づかせ、「人に対する尊敬の念」を育みます。また、子供や孫と一緒に楽しめる生涯スポーツとしてのサッカーの普及、サッカーファミリーのテイヘン(底辺)拡大に努めます。